耐震プラス制震の考え方

blog_2016-03-14_01a今回は杉並区某所の建築現場です!
こちらのお施主様は、建物をしっかりさせたいというお考えもあり、耐震住宅ではございますが制震技術をプラスして建築をさせて頂いてます。

何だかゴツいなぁ~って感じに見えますが、この鉄の棒が強くって建物を支えるんじゃないんですよ!
この黒い鉄の棒が地震の揺れをその中心部に伝えて、中心部にあるブレーキ材(人口樹脂)で建物の揺れるエネルギーを吸収して熱エネルギーに変換するんです!
要は揺れない建物にするっていうことです。揺れる力に対して建物の強さだけではなく、ブレーキを使って揺れる範囲を小さくしてしまおうって事なんです!
G-VA(ジーヴァ)って言う制震部材で良い物なんです!

不思議と大地震から時間が経つにつれて、地震の脅威を気にする方が減ってきてます。
でも、近い将来この東京近辺も大地震が無いともいえません。

これから家づくりを行う方も、こんな物があるって事も知識として持っていても無駄じゃないと思いますよ!
また違う現場からレポートしますね!
住まいブログのボタンを押して、是非応援して下さい!どうぞよろしくお願い申し上げます!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

2016-03-14 | Posted in blogComments Closed 

関連記事