住宅 

   池一ホームの家づくりについて

    私たち池一ホームは、「幸せ家作り応援団」として、ご家族の幸せをつくる事を目指しています。家を建てた後も末永くお付き合いできる会社としてふさわし仕事を心がけていきます。
「笑顔あふれる幸せな家」その形は、千差万別です。
ライフスタイルに合った幸せな家づくりを、お客様と共に目指していきます。

 

    池一ホームの家作りの特徴

    家は人々の「日々笑顔で快適に気持ちよく過ごす」という願いを実現させる役割を担う重要な基盤と考えています。このことから、私たちは、人と地球の「笑顔あふれる幸せな家」を理想とし、目指しています。この実現のためには家の快適性、安心・安全性の質の向上が重要ですが、その実現のためのアイテムが私たちの家づくりの特長となっています。

 


外張り断熱工法(外断熱工法)

池一ホームでは、快適性向上の重要なポイントである温度、湿度、音、空間に対してメリットを享受でき、長寿命住宅を可能にする工法として、外張り断熱工法(外断熱工法)をお客様にお奨めしています。
外張り断熱工法(外断熱工法)は、もともと気候的に寒い地域(日本では最初は北海道)を中心に広まってきた工法ですが、高断熱・高気密効果に大きな特長があります。
<外張り断熱工法(外断熱工法)の主な利点>
高断熱・高気密効果が実現しやすい
◆構造体の壁面結露の心配がない
◆外と内との優れた遮音効果
床下・小屋裏空間の有効利用が可能
◆熱ロスが少ないため省エネが可能

池一ホームでは外張り断熱工法(外断熱工法)において優れた性能を発揮するダウ化工さんのシステム・資材を採用しています。

 


SRC基礎(蓄熱床工法)

池一ホームでは、理想とする家づくりの快適性、安心・安全性、低環境負荷などの実現のために、基礎工法としてお客様にSRC基礎(蓄熱床工法)をおすすめしています。
SRC基礎(蓄熱床工法)は、不等沈下や突き上げに強い地盤支持力を発揮するとともに、ゆがみやひずみが発生しない高水準施工などにより高耐久・高耐震・高品質な住宅を実現します。外からの冷気や湿気を完全シャットアウトし、床下の巨大な蓄熱層による天然の冷暖房効果が快適性や省エネを強力にバックアップします。
<SRC基礎の特徴>
湿気を完全にシャットアウト — 腐朽菌やシロアリが発生せず、床下が破損しません。
抜群の省エネルギー性 — 自然の力を上手に利用し、夏涼しく冬暖かな住環境を創ります。
自然災害に強い — 揺れや振動を抑え、災害や不同沈下に強い安心・安全な住宅を実現します。
高品質・高耐久性 — ゆがみ、ひずみ、ふけは皆無。だから床鳴りはありません。
驚異の床暖房システム — 快適性・経済性・耐久性を兼ね備えた温水式床暖房システム。

SRC基礎(蓄熱床工法)は、株式会社八洲(ヤシマ)が特許取得しており「ベタ基礎」の欠点を補う理想の基礎を求めて開発されたものです

 


木造制震工法GVA  

木造制震工法GVA = Ground Vibration Absorbing System(地震動吸収システム)
この工法を一般的な耐震構造にプラスすることにより、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収し、揺れを抑え、大切なご家族と家を守ります。
<木造制震工法GVAの主な特長>
◆導入しやすい安価なコスト — 建坪30坪の場合50万円程度
揺れを50%以上軽減 — 震度7の大地震では揺れを59%以上吸収
(個別物件での効果は、使用している構造材料やプラン、地盤状況、地震波の性質により変化します。)
◆繰り返し何度でも安定した効果を発揮 — メンテナンスフリーの高耐久性
◆建物の耐久性を高め、寿命を伸ばす — 制震をプラスして長寿命化をサポート

木造制震工法GVA = Ground Vibration Absorbing System(地震動吸収システム)
この工法は東京理科大学の井口名誉教授などの技術支援を受け、要となる制震ダンパーの製造・開発には(株)住友スリーエム、制震フレーム等金物の製造・開発には(株)カナイが参加するなど、それぞれの強みを持ち寄った様々な最新技術の結晶です

 


自然素材  

家づくりの場面でも、自然素材を使用する人が増えています。現在志向されている循環型社会、環境共生社会というグローバルのトレンドでは、それは自然な流れと言えます。自然素材は、新建材のように揮発性化学物質をまき散らすこともなく、空気環境をきれいに保ち、家の中での暮らしに健康・安心・安全を与えてくれるだけでなく、経年による落ち着き、趣をもたらし、家の品格を高めてくれるアイテムです。
イニシャルコスト(初期費用) がかかるものも多いのが現実ですが、予算内でのバランスを考慮しながら、導入を検討していきたいものです。
以下、木材以外の代表的な自然素材についていくつか取り上げ、最後に「自然素材の基礎知識」という社長書き下ろしの無料レポートをご紹介したいと思います。
無料レポートをご希望される場合には、お問い合わせフォームからコンタクトいただくか、直接電話でお申し込み下さい。
<自然素材の一例>
珪藻土 — 植物性プランクトンの死骸が海底や湖底に沈み、堆積して化石になったものです。特徴は、調湿、消臭、保温、断熱、浄化、吸音、結露防止、防カビ、耐火など多岐にわたります。
漆喰 — 主成分は炭酸カルシウムで、石灰石を高温で焼いてできる消石灰が主原料となっています。特徴はは、調湿性、消臭性、防カビ性、耐久性、耐火性に優れていて、日本の高温・多湿、多地震という気候風土の中で非常に適しています。
自然クロス — バージンパルプ、綿、麻、木、紙などいろいろなタイプがあります。基本的にそれらには、調湿性、通気性に優れた効果があり、より快適な空間を実現してくれます。
自然塗料 — 自然塗料とは、組成・成分に石油資源や合成顔料を含まない天然の循環する素材からの原材料のみでなる塗付け材のことで、あまに油、ひまわり油などの植物性油や天然蜜ろうを主な原料とするものです。
あまり知られていませんが、東京都生活文化局が発表したところによると、自然塗料は乾燥中に油成分が化学変化を起こし、もともとは含まれないシックハウスの原因物質のひとつであるホルムアルデヒドが発生する場合があります。塗ってから3日経過すると、その放散量は大幅に低下し、21日後にはほとんどなくなる傾向があるということですので、塗ってからしばらくは、換気に気をつけた方がよいようです。したがって、新築の場合に施工業者に依頼する場合には、塗ってから3週間以降の引き渡しであればそうした問題はないということになります。
自然素材を使用した住宅に興味をもたれた方へ

見学会・勉強会のご案内
見学会・勉強会のご案内の紹介記事。
詳しくはこちら”ナチュラルスタイル”「見学会・勉強会のご案内」

土地探しのコツ
土地探しのコツの紹介記事。
詳しくはこちら”ナチュラルスタイル”「いい土地探しのコツ」

資金計画について
資金計画の紹介記事。
詳しくはこちら”ナチュラルスタイル”「人生を豊かにする資金計画」

施工実績
施工実績の紹介記事。
詳しくはこちら”ナチュラルスタイル”「素敵だね、施工実績」